京都市左京区の生活習慣病、(慢性)腎臓病、心臓病、脳卒中の予防、早期発見、早期治療は八田内科医院にお任せください。

TEL:075-701-4805
メニュー
求人情報 HattaMedicalNews いきいき健康セミナー 講演予定・記録など スタッフ日記

受付時間

午前 8:30~11:30
午後 17:15~19:30

※土曜日は8:30~11:00まで

休診日:木・日・祝祭日
ただし火・土は午前診察のみ

診療科目:
内科・腎臓高血圧内科
循環器内科・消化器内科
小児科・放射線科

医療法人 八田内科医院

〒606-8084
京都府京都市左京区
修学院薬師堂町4

アクセスマップ 詳しくはこちら
健康情報

スタッフ日記

職員慰労旅行

3月21日の春分の日を利用して毎年恒例の職員慰労旅行に行ってきました。昨年は越前でしたが、今年は鳥羽でした。鳥羽の温泉で疲れを癒して、夜は宴会で盛り上がりました。翌日は鳥羽水族館でアシカショーや沢山の水生生物を鑑賞、そういえば昨年も越前で水族館に行きました。実は院長は大の水族館好き、やはりダイバーですから水生生物が大好きなのです。昼食は大きなエビフライを頬張って職員もご満悦、お土産も沢山買い込んで帰ってきました。世の中の景気に少しだけ貢献したでしょう(笑)。あいにくの悪天候でしたが、貸し切りバスでの移動だったので大して雨に濡れることなく旅程を終えました。明日からのやる気を十分充電できたのではないでしょうか?「すべては患者さんのために」をモットーに益々、八田医院の職員は一丸となって頑張っていきます!


キッズクッキングショー

私が学会役員をしている高血圧学会が下記のイベントを開催します。食育をテーマに塩分控えめを子供のうちから教えていこうという企画です。私も司会をしますので、ご希望の方がおられたらお申し出ください。 おじいちゃんやおばあちゃんのために、やさしい塩分で美味しいお食事を一緒に作りませんか? 高血圧学会が主催するキッズクッキングショーの出演者を募集しています。対象は幼稚園、小学生です。ご希望の方は、スタッフまでお申し出ください。 定員になり次第、締め切ります。お早めにお申し出ください。 日時 平成30年5月20日(日) 10:40~11:40
場所 みやこめっせ1階 委員会ブース付近


宇治市講演会3/11

3月11日は東北大震災の日で私も起床してから毎年黙祷を捧げています。と同時に実は私の誕生日でもあります。複雑な気持ちですが、毎年のことです。誕生日プレゼントのようにその日に宇治市の文教短期大学という素敵な大学で市民の皆様向けの講演をさせて頂く機会を頂きました。テーマは「高血圧から身を守るために ガッテンのいく適塩方法を教えます」でした。有り難いことです。市民向けの講演会の良い所は、やはり自分が伝えたい事が直接伝えられること、そして自分の説明が行き届いているかどうかが一目瞭然であることです。つまり会場の反応が今一つだと、自分の説明が不十分であることがはっきりするのです。医療従事者でも同様のことが言えますが、医療従事者は少々分からないことを表に出さない人が多いのでその反応が鈍いことがあります。だから市民向けの講演はある意味、自分の表現が正しいのか?分かりやすいのか?の答えがはっきり出るので私にとってはありがたい講演なのです。 さて前置きはさておき、宇治市、むっちゃ頑張っています!間違いなし!宇治市健康いきがい課(三好さん、桂さん達)の皆さんが写真のようなTシャツまで作って大活躍されています。京都府からも応援に来られて行政のすごいやる気を感じる手作りの講演会でした。宇治市の方は幸せだな、私も年を取ったら宇治に住むのももいいな、なんてことも考えるぐらいでした(笑)(院長)  


沖縄講演3/10

3月の第二木曜日は世界腎臓デー(World kidney day:WKD)でそれに合わせて沖縄の那覇市で腎臓病の講演会があり、特別講演をさせて頂きました。テーマは私が推進してきた腎臓病の検査教育入院です。沖縄で初めて教育入院を導入するという那覇市立病院の応援に行った形でした。多くの方にご参加頂き、尊敬する前琉球大学教授の井関先生にもお会い出来ました。 沖縄県は長寿県として知られてきましたが、食べ物の欧米化が進み、肥満、糖尿病率が高くなり、残念なことに現在では長寿県を他に譲っています。そういえば沖縄に出張に行った人からも普通の定食の量が本土と比べて多い気がする、食べ放題の店も多いように思うなどの声を聴いたことがあります。糖尿病から透析になる方が急増している現実に、那覇市が病院や地域の先生を巻き込んで熱心に啓発活動をされ、講演会にも那覇市保健所のスタッフが大勢おいでになっていました。 チャンプルーという野菜を使った先人の食文化を導入することで健康を取り戻したという琉球大学の等々力英美先生のチャンプルー研究にあるように今一度、食文化を見直して再び長寿県を目指してほしいものです。 沖縄で初めて導入される腎臓病の検査教育入院がどこまで現場に浸透し、地域の先生方の信頼を得られるかは、一人でも透析になる方を減らしたい、チーム一丸となっての想いにかかっているでしょう。私も引き続き、見守っていきたいと思います。 3月11日は私の誕生日、今日は宇治市で高血圧の講演をしてきます。何よりの誕生日プレゼントです(笑)。  


糖尿病学の進歩(一郎先生 学会記)

一郎です。「糖尿病学の進歩2018」が福岡の国際会議場で3月2・3日の2日にわたって開催されました。「糖尿病専門医の指定更新のため」、「糖尿病診療に必要な知識」、「糖尿病療養指導に必要な知識」「臨床医が知っておくべき糖尿病の基礎」を軸にして、糖尿病専門医、糖尿病療養指導士のほか糖尿病を診療している一般医にも有益な講演会です。私は興味のある講演をあちこちの会場を駆け巡りながら全部で18の講演を聞きました。糖尿病で頭の中がいっぱいになりました。 今回、「糖尿病療養指導に必要な知識」の講演の一つに「コーチングの必要性」がありました。私は「コーチング」という言葉を初めて知りました。現在の糖尿病診療は「患者中心の医療」をスローガンに挙げています。まず患者さんのことをよく知ることが必要です。そのためには対話が必要です。対話を重ねることで患者さんを支援する過程がコーチングです。患者さんが糖尿病に向き合えるように支援するためには、医師はえてして患者さんをアドバイス,指示するという一方的な押し付ける医療になりがちですが、患者さんとの対話を重ねることによって患者さんの意欲を引き出すのが狙いです。そのためにまず相手の気持になって話をよく聞く、次に未来型思考で、患者さんに何か将来に向けて小さなことでもよいから希望を見つけてもらい、そしてそのことを承認する、押しつけがましい言い方を避けて、少しずつ前に向かって考えを進めていく手法です。臨床心理士がクライエントに対応するときの手法に似ていると感じました。 翌日、「こち吹かば匂いおこせよ梅の花・・・」の和歌を思い出し、太宰府神社に、菅原道真公に会いに行きました。その日から一気に春めいて、梅も咲き誇り、「曲水の宴」が催され、人でいっぱいでした。帰り道、参道で「木うそ」と、「うそ」のお菓子をお土産に買いました。みんな大喜びでした。小鳥のウソはきれいな小鳥で、口笛に似た鳴き声に人がだまされることから,人間のうそを小鳥のウソに託し、1年間溜まった己のうそを清めてもらう「うそかえ」の儀式が1月7日の夜に行われます。暗い参道を歩きながら、持参した「木うそ」を交換しつつ、己のうそを薄めながら神殿まで行き、うそを善に変えてもらう儀式です。古代から伝わった素朴な儀式で、私にとってありがたい、必要な儀式です。 久しぶりに学問に浸ることができて、診療に励みがでてきました。診療を続けている間は学び続けることが大切だと実感しました。診療がまた楽しくなってきました。ありがとう。 来年も3月に青森で開催されます、ぜひ行かせてほしいです。