糖尿病ケアスキルアップセミナー参加報告(小野寺看護師)

(写真は、小野寺看護師のカンファレンス風景;イメージとして2015年撮影)

看護師の小野寺です。1/20(土曜日)診療後に糖尿病ケアスキルアップセミナーで「医療担当スタッフの力を生かす医療チームの作り方、生かし方」の講習に当院看護師の小木曽さんと一緒に参加してまいりました。講演やグループワーク、長丁場の講習でしたが有意義な時間を過ごすことが出来ました。

今回医療チームについて「うまくいっているチームはどんなチーム?」「医療チーム作り・生かすリーダーシップ」を学びました。チームの中ではどうしても職種ごとに集まってしまったり、上下関係があり気を使って言いたいことが言えない状況になりがちですが、メンバーそれぞれ心の奥底に持っているイメージ、持っている価値観、思いは様々です。

メンバーを尊敬し合い、一人一人の意見を尊重し言いにくいことでも話し合えることが大切です。

またメンバー一人一人も重要なポジションにあり、チームの一員であることを自覚しなければなりません。そうして一つの明確な目的に向かって情報を共有しながら“協働”していくこと、チームが存在するだけでなくきちんと機能していくことが大切であることを改めて学びました。

そしてグループワーク。他施設の方々との話し合いでは看護師さん、訪問看護の方、栄養士さんなど様々な職種の方の気持ち、お互いの立場を理解し合うことが出来ました。それぞれの職種の方の専門意識の高さに刺激を受けて帰りました。

八田内科医院チーム!当院の目的に向かって“全員で協働”していきたいと改めて思いました。来院される皆さんの少しでも心の支え、よりどころとなりますように。(*^▽^*) 小野寺晶子